話題

ホリエモン表紙は蜷川実花がスクションで撮影?ツイッターで話題に

堀江貴文さんが東京都知事選に出馬するのではないかと、ツイッターで噂されています。

2020年5月30日にホリエモンが本を出版。この本の表紙の撮影風景が驚きです。

本の表紙は、あの写真家蜷川実花さんが撮影。撮影風景の動画もあわせてご紹介。

ということで今回は、「ホリエモン表紙は蜷川実花がスクションで撮影?ツイッターで話題に」についておつたえします。

【東京改造計画】表紙撮影は写真家の蜷川実花さん!

ホリエモンが今月に出版する本”東京改造計画”の表紙は、写真家の蜷川実花さんが撮影しています。

その撮影風景が蜷川実花さんご本人のツイッター上に投稿されていました!

確かに動画でもあるように、PC画面にはホリエモンの姿が!

本表紙の撮影までも、リモートだなんて!

蜷川さんのキーボードの手元を見るとスクションで撮影しているようです。

撮影風景は、とても楽しそうですね♪

蜷川さんの掛け声で、ノリノリでポーズをとるホリエモンがちょっぴり可愛く見えるのは私だけでしょうかw

本の表紙のバックは、蜷川さんらしい赤で東京タワーが炎のように映っています。

二人のタックの掛け合いがなんだか力強さを感じますね。

【リモート撮影】ツイッターの声

ほんとすごい時代がやってきましたね。

リモートワークがどんどん進んでいく日々。

激動の時代がもうすでに到来している証拠ですね。

さいごに

5月30日に出版されるホリエモンの本”東京改造計画”。

本のなかで綴られている、緊急提言37項がどれも気になるものばかり。

東京都知事の出馬は、名言していないようですが今後の活動に目が離せないホリエモンですね。

今回は、「ホリエモン表紙は蜷川実花がスクションで撮影?ツイッターで話題に」についておつたえしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。