話題

原価マスクのサイトがエラーでつながらないときの対応方法!(トリニティ)

原価マスク、いわゆるマスクを原価価格で販売をしたトリニティ株式会社の公式サイト(ホームページ)がメンテナンス画面になり「現在、アクセスが集中しております。しばらく経ってからアクセスしてください。」というエラーメッセージが表示される事態が発生していました。

現在は予想を上回る注文があったため、受注を停止しています。

次回2回目の予約受付は、5月のGW明けの予定と公表しています

第2回目の予約注文時にも、アクセスが集中してがサイト見れないことが予想されます。

注文時にエラーになるなどの不具合で、サイトにつながらないときの対策解決方法についてまとめてみました。

原価マスク トリニティのホームページがつながらない時の対応方法

トリニティ(株)が2020年4月27日に原価マスクの販売を発表したことにより、ウエブサイトにアクセスが集中サイトがつながらない状況になりました。

おそらく第2回目の原価マスク予約注文時同じようにアクセスが集中することが予想されます。

トリニティ(株)原価マスクのサイトにつながらないサイトが見れないアクセスができない原価マスクの販売画面に入れないなどのトラブルがあった場合の解決策を考えてみました。

下記方法をぜひ試してみてください。

①サイト画面で何度か更新ボタンを押してみる

注文時スタートの数時間は、おそらくサーバーにアクセスが集中します。

まずは、更新ボタン(F5キー)を何度か押してみて下さい。

wifiにつなげてアクセスしてみる。

wifiルーターの設置場所からPCやスマホに距離があると、速度が遅くなる傾向があります。障害物が電波を妨げていないか、インターネットにそもそもつながっているか再度確認してみましょう。

光回線につながっているPCからサイトにアクセスしてみる。

光回線につながっているPCがあれば、そのPCから原価マスクのサイトにアクセスしてみましょう。

光回線は、4G回線やwifiよりも比較的つながりやすい傾向があります。

他のブラウザからアクセスしてみる。

インターネットエクスプローラー、グーグルクロームやサファリ、エッジなどからアクセスをしてみましょう。

時間を変えてアクセスしてみる。

比較的アクセスが集中しない夜中から明け方(午前2時~午前5時)に、サイトアクセスをしてみる。

単純に混雑を回避するには、空いている時間をねらってみましょう。

上記を試みてもサイトにつながらない時は、原価マスクのサーバーがダウンしている可能性が考えられます。

数時間経ってから、原価マスクのサイトへ再アクセスしてみてください。

第2回目の原価マスク販売開始日は、おそらくGW明け5月11日頃と予想されます。

上記のにように事前に準備できるところから整えて、第2回目の販売日に挑みましょう。

無事に原価マスクの注文ができるといいですね。

原価マスクに世間の声は?

トリニティの原価マスクは中国製

トリニティ(株)の原価マスクが中国生産のため、心配な声も上がっています。

2020年4月29日に中国工場の様子が投稿されています。

工場の様子を見る限りでは、クリーンな印象は見受けられますね。

お値段については確かに以前と比べたらお高いですが、早く元の平常価格にもどってほしいものです。

今回は「原価マスクのサイトがエラーでつながらないときの対応方法(トリニティ)」についておつたえしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。